« 【紀伊半島】荒船海岸(串本町古座) | トップページ | 【紀伊半島】エルトゥールル号が繋いだ日本とトルコの絆 »

2017年5月27日 (土)

【紀伊半島】海金剛(紀伊大島)

紀伊大島 Oshima

 
Kusimoto

Ohashi
串本と紀伊大島を結ぶ 「くしもと大橋」



串本節で唄われるとおり、かつて串本から巡航船で渡っていた大島も、平成11年9月8日、くしもと大橋が架けられ串本と地続きになりました。(通行料無料)
大島の南側は断崖絶壁で、海には荒々しい巨岩が立ち並び、有名なトルコ船(エルトゥールル号)の遭難事故など悲しい話も伝えられています。

Img_1004
くしもと大橋

Kusibusi_2
串本節

海金剛  Umi Kongo

朝鮮半島の景勝地金剛山にちなんで名付けられた海金剛からは、荒々しい大島の南側を一望する事が出来ます。
穏やかな島の北斜面に比べ南岸は断崖絶壁が続き、この付近の海での遭難の話も多く、 特に、明治23年に起きたトルコ船エルトゥールル号の遭難の話は有名です。

明治日本とオスマン・トルコの修交の使命を果たし終え、イスタンブールへの帰途についた矢先、
エルトゥールル号に悲劇は起きました。
船は
熊野灘で暴風雨に遭遇し、大島の南、樫野崎灯台近傍の岩礁で難破、587名の将兵が殉職したといいます。
天気の良い日に眺める景色は素晴らしい絶景を楽しませてくれますが、一度天候が荒れると恐怖の海に変貌する南紀特有の表情を思わせます。

Kongo
海金剛 (遠くに、樫野崎灯台



■ブログ・
星の喫茶室
http://hosi-kissa.cocolog-nifty.com/blog/

■無料メルマガ・星空ウォッチング(購読申込・解除)
http://www.mag2.com/m/0001650211.html




« 【紀伊半島】荒船海岸(串本町古座) | トップページ | 【紀伊半島】エルトゥールル号が繋いだ日本とトルコの絆 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2500453/70681928

この記事へのトラックバック一覧です: 【紀伊半島】海金剛(紀伊大島):

« 【紀伊半島】荒船海岸(串本町古座) | トップページ | 【紀伊半島】エルトゥールル号が繋いだ日本とトルコの絆 »